とにかくやってみよう!

とにかくやってみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「とにかくやってみよう!!」

何でもやってみよう!
机上の空論を続けるより、まずはちょっとやってみて
感触を試してから、話し合いをしてもいいんじゃない?!

誰も体験した事のないものを
体験した事のない人達が集まって
自分達の空想を元に話し合いを続けても
何も前には進まない。

答えが出たとしても
想像だけの上に積み重ねた計画は、なんか壊れやすそう。取りあえずやってみるのがいいんじゃない?

いつでも、軌道修正できるように
なるべく何も決めないで
大掛かりな事はせずに
コンパクトにシンプルにやってみよう!!

そして、その情報や感じた事に基づいて
緻密な打ち合わせを行った方がいいのではないだろうか?

新しい事に挑戦しようとする時

「難しい」「無理だ」「不可能だ」「できない」「誰もやった事がない」など
否定的な言葉がでてくる。
そんな言葉がたくさん出てくる時は、反対が多く、苦労も多い。

「易しい」「簡単だ」「可能だ」「できる」「誰でもがやっている」など
肯定的な言葉がでてくる。
そんな言葉がたくさん出てくる時は、反対が少なく、苦労も少ない。

しかし、反対が少なく、みんなが賛成するものは
誰でも思いつき、簡単にできてしまう。

それが、完成した時、実行できた時には
もうどこかで誰かが同じような事をやっているかもしれない。

また、簡単にできるのであれば、すぐにまねをされるので
もしかすると価値は低いのかも知れない。

逆に、否定的な言葉がたくさん出てくるものは
それが完成した時
チャンスがいっぱい詰まっているかもしれないのだ。

「難しい」・・・だからこそ、知恵と時間がかかる。
つかこうへいつかよって、他の者が追いつけないであろう。

「無理だ」・・・だからこそ、簡単にまねされない。
つかこうへいつかそこには、ノウハウがたまるのであろう。

「不可能だ」・・だからこそ、できた時には画期的なものとなる。
つかこうへいつかそして、脚光をあびるのであろう。

「できない」・・それを打破する為には、画期的なアイデアが必要である。
つかこうへいつか必ず、それが新技術となるであろう。

「誰もやったことがない」・・とすれば、完成した時には世界初となる。
つかこうへいつかこうへいつかゆえに、取材され知名度があがるであろう。

そう、できないものをやってみて
それができた時にこそ
本当の価値あるものが生まれるのだ。

だから、自分の感性を信じてやってみよう!!

それが
「何のためになるのか?」「どうしてやるのか?」「誰のためにやるのか?」
そんなこと何も考えず、とにかくやってみよう!!

もし、その答えが分かっている事なら、もうやる必要はない。
答えが分からないからこそ、実践し試してみる。

その結果、何かを感じて、それが何であるかを確かめられる。
その答えが遠ければ遠いほど、やってみる価値があるのだと思う。

===========================================================
覚田義明コラムについて
このコラムは、僕(覚田義明)が1999年、34才の時に書いたモノです。
会社を設立して4年目の行き詰まった時、その時の自分の思いをまとめて
おこうと思い書いていました。
友人達に毎朝送っていたメールマガジン「ふくおかTODAY」に掲載して
いた「コラム」で、僕の考え方や物の見方、また様々なものに対しての感想を
書いています。
毎週1本のペースで書いていき、全部で64本になっていました。
それらを、今回2011年に少し修正して記載しています。
===============================================================

このページの先頭へ