触れないオブジェ

触れないオブジェ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
僕の家にはオブジェがたくさんある。
それは、あるアーティストが時々作品を置いていってくれるからだ。

それらは、美術館に置いてあるものと違って
いつでもさわったり、持ったりすることができる。

僕の家にやってくる人たちのお気に入りは
玄関に置いてある鉄でできたオブジェだ。

みんながそれを見て
「これいいね!」と言って、さわったり持ったりしている。

その作品は見ているだけで元気が出てきて
持ってみると、人が作った作品だということが伝わってくる。
とても暖かく、そして、やさしさを感じるのだ。

また、リビングに置いてある別のオブジェは
四角い板の上に2つ同じような形をした石が並べてある。

目をつぶってその2つの石をさわって
それぞれをどんな風に感じたかを話してもらったりしている。

片方の石は、海から拾ってきた白い石で、自然が作り出したものである。
もうひとつの石は、大理石のような光沢のある黒い石で
アフリカから取り寄せたものだそうだ。
それを、自然が作った白い石と同じような形に機械で削ってある。

片方は、自然界が作り出した石で
もう片方は、アーティストが模写して人工的に作ったものだ。

この両方の石を、目をつぶってさわることによって
心の目で何かを感じてもらおうという作品だ。

同じ石なのに、感じ方が違ったり
また、人によって感想がまったく違うのもとてもおもしろい。

この作品は、1986年頃、視覚に障害を持った人たちにも
アートを楽しんでもらおうというコンセプトで開かれている
「触れる展覧会」のために作られたものだ。

このように積極的にさわれる、またはふれることができる作品は
とても少ない。

日本の美術館では、作品をさわるどころか、ロープや柵があったりして
近づくこともできなくなっている。
それでは、本当に鑑賞することはできないのではないかと思う。

本当に作品がすばらしいのであれば
見た瞬間に思わずフラフラと近づいてしまって
気がついたときには、ふれていたり、抱きしめていたりするものだと思う。

小さな子どもが、興味のあるものを見つけたとき
考える前に、それにさわってしまう。

また、その絵を我を忘れて見続けてしまったりと
そんな理性をなくさせてしまうような作品がおいてある場所こそが
美術館でなくてはならないと思う。

美術館に行くと、今までの日常から解き放たれるようなことが
起こらなければ、その価値はないと思うのだ。

オブジェにさわって、その質感や暖かさを感じる。
また2、3歩さがって、もう一度客観的に見る。

そのように、作品のディテールから雰囲気まで
トータルに感じることによって
初めて、その作品に「ふれた」と言えるのではないだろうか。

そのオブジェ自体が作品であるが
作品とコミュニケーションすることも、アートなのではないだろうか。

石のオブジェの作者に話を聞いてみた。

「作品は、制作者が作り終わって、完成するのではない。
作ったものをギャラリーに展示する。たくさんの人がそれを見る。
そうすることで作品はさらに完成されていく。」

「作品は、見つめられるだけで変わっていくと感じるからだ。」

さらに「さわられたり、ふれられたりすることで削れ汚れ変化していく。
その変化自体もアートであり、作品は過去形ではなく常に進行形である。」

普通の美術館のように、さわれなかったり、近づけないような作品は
その作品とそれを見ている人のコミュニケーションを断絶している。

そして、近づきにくく、感じにくいものにしている。
ただ、美術館の仕事は、作品をたくさんの人に見せることなので
それは仕方がないことなのかもしれない。

「いろんな人にふれられることによって、磨かれていき
心が入っていくことで、作品はさらに完成されていく。」

僕がもらった(借りている)作品の中には、屋外に置くものもある。
それは、ペイントもされていない、裸のままの鉄で、表面は赤黒く錆び
それが、とても暖かく感じるのだ。

しかも、その作品は屋外に置くので、太陽の光にあたり、雨にさらされ
風に吹かれ、錆び、風化し、どんどん朽ちていくのだ。

僕は見ていて「もったいないな」といつも思う。
世の中には、ステンレスで作ったり、ペイントをしたりして
外観を永遠にとどめておこうとする作品が多い中で
彼の作品はどんどん削れ錆びていく。

そうすると彼はこう言った。
「鉄が錆びるのは自然のことだ。
屋外に置いているといろんな人がさわって汚れる。
また酸化して錆びていくのは、当然のことで、自然の摂理だ。
そして、酸化するのは、鉄と酸素が結合していることで
その作品が空気を吸うことと同じなのである。
錆びるということは、自然とその作品自身がコミュニケートしている。
そして、朽ちることで、鉄が自然に戻っていっている。
もともと鉄は、土から取ってきたものだ。人の手を借りて作品となり
それがまた、土に戻っていく、そのこと自体がアートなんだ。」

そういえば、彼は、突然現れては、僕の自宅や会社に作品を置いていく。

ある日、僕が住みたかった念願の家に引っ越しが決まったとき
彼から電話がかかってきた。
「引っ越し祝いをあげようと思うんだけど、3万円準備しといて。」

僕は「変だなぁ」と思いながら、3万円を準備して待っていると
4、5人の体格のいい男の人たちと一緒に彼がやってきて
庭に木の板を敷きはじめた。

しばらくするとクレーン車がやってきて、なにやら重そうなものを
運びだしてきた。
それは、4、5人の男の人たちによって、リビングに運び込まれた。

大きな石で、300kgぐらいあるものだった。
彼は「これはテーブルの足だ。天板は自分で用意してね。」と言って
置いて行ってしまった。

そして、僕に「クレーン代ちょうだい。」と言って
3万円を持っていった。

それから僕は、引っ越しするたびに
その300kgの石を運び続けている。

僕は、彼の作品を自宅やオフィスに置くことで
「さわることができるギャラリー」のようなものになったらいいなと
思っている。

【追伸】

彼の作品は、博多駅裏のハイアット・リージェンシーホテル前の公園で
見ることができます。噴水の真ん中の手の形をしたオブジェです。

===========================================================
覚田義明コラムについて
このコラムは、僕(覚田義明)が1999年、34才の時に書いたモノです。
会社を設立して4年目の行き詰まった時、その時の自分の思いをまとめて
おこうと思い書いていました。
友人達に毎朝送っていたメールマガジン「ふくおかTODAY」に掲載して
いた「コラム」で、僕の考え方や物の見方、また様々なものに対しての感想を
書いています。
毎週1本のペースで書いていき、全部で64本になっていました。
それらを、今回2011年に少し修正して記載しています。
============================================================

このページの先頭へ