シャワーとギザギザ

シャワーとギザギザ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シャワーを壁のフックに掛け、頭を洗っている。
蛇口を更にひねると、お湯が勢いよく飛び出してくる。

そうすると、最初は自分の方に向けていたシャワーヘッドが
お湯の勢いで「クルッ」と、勝手に向きが変わってしまう。

金属でできているシャワーヘッドとフックの引っ掛かる部分が
滑って空回りしてしまうのである。

頭がシャンプーの泡でいっぱいになって
目が開けられないようなときに、それは起きてしまう。
とても困るのだ。

そこで僕は、滑り止めにシャワーヘッドに輪ゴムをまいた。
最初は調子がよかったが、忘れたころに輪ゴムが切れてしまい
結局、このアイデアではダメだった。

あるメーカから、シリコンゴム付きのフックが発売された。
これで、もうギザギザの滑りから介抱される。
早速、購入して使ってみると、なかなかよく、快適な毎日を過ごしていた。

そんなある日、「塩素除去ができるシャワーヘッド」が発売されたので
買ってきて、使ってみると、滑ってしまってうまくいかない。

フックのシリコンとシャワーヘッドのプラスティックが滑るのか
くるくると回ってしまうのだ。

そんなことで悩んでいる間に、僕は引っ越しすることになった。
新しい住まいのお風呂はユニットバスで、何もかも新しく快適だった。

シャワーは、ヘッドにもフックにも細かいギザギザがついていて
一度差し込むと、それらが「がっちり」とかみ合う。
どんなに勢いよくお湯を出しても、微動だにもしないのだ。

やはり同じメーカ同士だとギザギザの歯がぴったり合って
こんな気持ちのいい物は無い。

そこで、今度はこのシャワーに合った「塩素除去シャワーヘッド」を
買いに行った。
そこには、色々な種類のシャワーヘッドが並んでいた。

やはり、各社とも滑ってしまうのを気にしているのか
材料や素材に色々な工夫がしてある。

「シリコン付き」「滑りにくいゴム」「形状が丸くないもの」など。
僕はその中で家のシャワーヘッドと同じ「ギザギザ付き」を買った。

使ってみると、「ギザギザ」の角度や数が違うのか
そのギザギザは、お互いに引っ掛かることなく「カタカタカタ」と滑って
しまい、まったく役に立たない。

あ〜同じように見えるギザギザだったけど、うまくいかない。
各メーカーが独自に工夫しても、同じメーカだとうまくいくが
シャワーヘッドを取り替えたりして、メーカーが異なるとうまくいかない。

結局「なんだかうまくいかないものだなぁ~」と嘆いていた。

そんな時「シャワーヘッド協会」という団体が
統一規格を打ち出してきた。

今までに販売されたシャワーヘッドのギザギザを研究した結果

ある個数のギザギザを同じ角度で作れば
メーカーが違っいても、製品が違っいても、生産国が違っいても
ギザギザがちゃんと噛み合う。

各メーカーがそれぞれ勝手に作っても、その規格さえ守っていれば
これまでの物にもかなり対応できるし、これから作られる物に関しては
100%対応できる。

これは、材料代がかかることでも何でもない。
ただ、この規格を守って作れば、すべてがうまくいく。
購入する側も悩まなくていいし、生産側もコストがかかるわけじゃない。

僕は、その規格で作られたギザギザの付いたシャワーヘッドと
フックに取り換えてみた。

「なるほど、ちゃんとしっくりとかみ合っている。」

これで、今後どんなに新しいシャワーヘッドが売り出されても
安心して購入できるし、もう悩まなくてもいいと思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エコロジーや環境問題について話し合う機会があったとき
僕は、こんなことを言ってしまって反感を買うことがある。

「消費者の1人1人が気を付けたって
根本的解決にはならないからムダだよ。
もっと別の方法で解決をしなければダメだよ。」

でも、それにはこんな意味が含まれている。

素人が集まって、話し合いを重ね、工夫し
その結果、努力しながら生活する。
また、エコロジーのために労働力を提供する。

このような方法では、すべての人が行うことは難しく
また、長く続けるのも難しい。

だから、その辺は、専門家や長年その道に精通している人たちにお願いして
毎日毎日そのことばかり考えて、研究をしていただく。

そして、何か根本的に問題を解決するような仕掛けや仕組み
システムを考えて欲しなぁと思うのです。

メーカはその規格を守って生産を行う。
消費者は、それを知らないうちに使っている。

苦労したり、我慢したり、工夫したりして使うのではなく
何気なく使えて、便利で、楽しくて、ラクチンで、、、。

だけど、使えば使うほど、それが自然と環境改善になり
結果的に問題解決になっていく。

しかも、知らないうちに、世界標準リサイクルシステムのものを使っている。

というようなシステムを提供することこそ
本当の意味でのエコロジーや環境改善になるのではないかと思う。

※このコラムに出てくる「シャワーヘッド協会」は、
フィクションです。実在するものではありません。

===========================================================
覚田義明コラムについて
このコラムは、僕(覚田義明)が1999年、34才の時に書いたモノです。
会社を設立して4年目の行き詰まった時、その時の自分の思いをまとめて
おこうと思い書いていました。
友人達に毎朝送っていたメールマガジン「ふくおかTODAY」に掲載して
いた「コラム」で、僕の考え方や物の見方、また様々なものに対しての感想を
書いています。
毎週1本のペースで書いていき、全部で64本になっていました。
それらを、今回2011年に少し修正して記載しています。
============================================================

このページの先頭へ