行きと帰りは違う道がいい

行きと帰りは違う道がいい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
僕が、信州大学(大学には行っていないが)の山岳部にお世話になっていたころ
標高1,500mの上高地に3ヶ月ぐらい滞在していた。

上高地と言うところはキャンプ場も有り、また帝国ホテルもあり、避暑地として過ごす人もいれば
目の前に広がる3,000m級の南アルプスにアタックするための
ベースキャンプとして、テント生活をしている人もいる。

いろんな人が行き交う場所だ。



普段、テントで暮らしをしている僕がすごく楽しみにしていたのは
天皇陛下も泊まるという、由緒正しい帝国ホテルでの優雅なティータイム。

暖炉のあるロビーのそばのカフェで食べるオリジナルのチーズケーキは
最高の味だった。

テントから赤い屋根が目印の帝国ホテルまで、2、3人で散歩がてら
歩いて行くのだった。

その散歩は、帝国ホテルに行くという目的もあるが
そこに行くために、いろんな道を通ることが僕たちの楽しみでもあった。
梓川の河原を下っていくと、下流に赤い屋根が見えてくる。
少し林の方に入っていくと、そこに帝国ホテルがある。

そして、戻りは白樺林の小道を通って帰るのだ。

そんな散歩をよくしていたが、帝国ホテルと僕たちのテントを結ぶ道は
山の中なので、他にもいろいろな道があった。

一番面白くなさそうなアスファルトの道でさえ、いろんな人が通っていて
その格好や荷物を見ているだけで楽しい。

また、林の中を抜けて、皮の土手を歩く白い砂利道もある。

そこを通る人は旅行者というよりも登山者が多い。

面白いことに恰好も持ち物も顔つきも違う、なによりも顔そのものが違うので面白かった。

僕は、行きと帰りはなるべく違う道を通りたいと思い
いつも違う道を選んで、帝国ホテルに行っていた。

僕は、どこへ行くにも、行きと帰りは別の楽しみを味わいたくて
違う道を通ることが当たり前のようになっていた。

その方が、同じ道を通るよりも、違うものに出会えたり
新しい発見ができる気がする。

そして、それが大切なことのように思えるのだ。

だから、僕は、行きと帰りはなるべく違う道を通るようにしている。

そんな事をもっとうにしていいる僕に起こった悲劇のエピソードを話したいと思う

僕が秘書をしていたとき、社長から呼び出され
車で社長を送っていくことになった。

最初に「今から出かけるんだけど、行きと帰りと同じ道がいい?
それとも違う道がいい?」と聞かれた。

僕はすぐに「もちろん、違う道がいいです。」と答えた。
社長は「分かった、じゃあ、ここをまっすぐ。」と言って
僕は202号線を走り出した。

いつもの送り迎えと同じように、30分も走れば目的地に着いて
そこで社長を降ろすんだろうと思っていた。

そして、普段話せないことや聞きたいことを
この機会に話そうと思って、早口でしゃべっていた。

ところが、1時間たっても、2時間たっても
社長は、ただ「まっすぐ」と言う。

僕は、言われるままに、まっすぐ走った。

行き先を聞いても教えてもらえず
とにかく「まっすぐ」と社長は言うだけだった。

車は海岸線を抜け、だんだん山の中に入っていった。
それでも、僕は目的も場所も聞けずに、だたまっすぐ車を走らせていた。

途中、ガソリンを補給し、さらにまっすぐ走っていった。
4時間ぐらい経ったとき、また海岸線が現れてきた。

それでも、まだ「まっすぐ」と社長は言うだけだった。
そのうちに「佐世保」という標識が見えてきた。

それでも、行き先を教えてもらえないまま
ただ「まっすぐ」と言うだけだった。

7時間が経ったときに、車は長崎市内に着いていた。
そして、初めて「そこを左に寄って」と言われ、車はやっと止まった。

社長は、コーヒー・ショップの前で、車から降りると
「ありがとう。じゃ、気をつけて帰って。
帰りは高速だから楽ちんだよ。」と言った。

僕が「えっ?」と言うと

「行きと帰りは違う道がいいって言ったから
行きは下の海岸線を来たんだよ。帰りは高速を使ってね。」と言われた。

そのとき、初めて僕は、最初に聞かれた質問の意味がわかった。
僕は、疲れてヘトヘトになっていて

それは、普段の「行きと帰りは違う道を通る」という僕の考え方を
ほんの少しだけ後悔させた出来事だった。

しかし、社長といろんな話ができて、僕は本当に嬉しかった。

先日社長にあの時の事を聞いたら「あれから仲良くなったよね」だった。

結果的には得るものは大きかった。

そこに行くのも目的だけれど、目的のために移動するだけではなくて
その途中の時間も楽しむ。

そして、目的を達成した後の帰りの家路も
小さな発見や新しい出来事を楽しむことが大切だと僕は思う。

だから、友達の家に行く時や、会社への通勤路も
少しいつもと違う道を通ってみたりするのもいいかもしれない。

そうすると、今まで知らなかったものに出会えたり
新しい発見があるかもしれない。

===========================================================
覚田義明コラムについて
このコラムは、僕(覚田義明)が1999年、34才の時に書いたモノです。
会社を設立して4年目の行き詰まった時、その時の自分の思いをまとめて
おこうと思い書いていました。
友人達に毎朝送っていたメールマガジン「ふくおかTODAY」に掲載して
いた「コラム」で、僕の考え方や物の見方、また様々なものに対しての感想を
書いています。
毎週1本のペースで書いていき、全部で64本になっていました。
それらを、今回2011年に少し修正して記載しています。
============================================================

このページの先頭へ