「ハワイ報知新聞社」の社長 吉田太郎さんに念願のインタビュー

「ハワイ報知新聞社」の社長 吉田太郎さんに念願のインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遂に実現。
ハワイで唯一の日刊日本語新聞の
「ハワイ報知新聞社」の社長 吉田太郎さんに
念願のインタビューが出来ました。

2017年に「ホノルル空港」の名前が
「ダニエル・K・イノウエ空港」に変わりました。
実はこの「ダニエル・ケン・イノウエ」さんは、
ハワイの日系人のヒーローなんです。
日本人でアメリカ合衆国大統領に一番近かった方です。

そして、もうひとりのヒーローが、
「牧野金三郎」さん、ハワイ報知新聞の創立者です。
ハワイの日本人を守り、日本人の文化や日本語学校を守りました。

そして、パールハーバー(真珠湾奇襲攻撃)により大騒ぎになっていた
ハワイの日系人のために次の日に新聞に社説を掲載して、
みんなの大混乱を防いだ方です。

「之ぞ我等の 戦ひ」と題する社説を一面トップに掲げ、
「平静を保ち、 当局の指示に従い、協力するように」と呼びかけた。

そんな話を、「ハワイ報知」の現社長の「吉田太郎」さんに
お聞きするとともに、貴重な当時の新聞も見せていもらい
公開の許可の承諾もいただきました。
スゴイことですね。

日本海軍の真珠湾攻撃により、
1941年12月7日に太平洋戦争が勃発した。
その次の日の12月8日のハワイ報知新聞のとトップの社説です。

ハワイに住む方々、ハワイに旅行に来ている方々
また、日本人なら知っておいてほしい内容をまとめました。
ぜひ読んでください。

 

●ハワイの日系人の歴史とパールハーバー(真珠湾攻撃)
https://www.hawaii-daisuki.com/posts/7756644

●ハワイ大好きマガジン・社長インタビュー
https://www.hawaii-daisuki.com

このページの先頭へ