「2013年08月」の記事一覧

「2013年08月」の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラジオに出ます\(^O^)/ コミてん「ミキラジオ」明日4時に出演 ! なんで〜〜!

明日、ラジオに出ます\(^O^)/ 中身は謎です。質問に答えるだけです。たぶん! 初めて連れて行かれた薬院のBAR。 そのバーカウンターで飲んでいると 目の前にいたオーナーさんが・・ 「覚田さん、おもしろい方ね 私のラジオに出ない?」 と言われてそのまま約束して 明日の出演という不思議な シュツエーションです。 明日8月28日夕方4時 コミュニティラジオ天神777。 通称コミてんの明日4時 「ミキラジオ」に出演。 薬院のbar shirauのオーナー白石ミキが 毎回楽 (...)

グーグル日本法人前名誉会長 村上憲郎氏 これからの技術、 そして人生を語る。人生とは?仕事とは?働くとは? スマートTV 世界で戦う仕事術!【第77回D2K】の 講演内容を動画で公開!

グーグル日本法人前名誉会長 村上憲郎事務所代表 村上憲郎 氏 これからの技術を語る。【講演動画配信】 http://www.youtube.com/user/PencilAcademy インターネット、スマートTV、電子書籍、 スマートグリッド(電力網 と 情報網)、ICTの最前線=IOT。 それらを生み出すのが仕事。 仕事とはなにか? 働くとは何か? やるべき事は何か? 外資系と日系企業の違いを知る。 資本主義と社会主義、米国と日本の違いを知る。 人生とは何か?  (...)

覚田義明・社長TVに出演・インタビュー。生い立ちからペンシル設立秘話。アメリカでの目覚めと決意!

社長TV 株式会社ペンシル 代表取締役社長 覚田 義明 ――自分がコンピュータについてわかってないことが悔しいしうれしい―― http://fukuoka-president.net/株式会社ペンシル-覚田義明-福岡/ Part.1 覚田義明の経営への第一歩   実家が建設業を営んでおり、父は職人と経営者という2つの顔を持っていました。モノを作る現場を身近に見ていたので、私も物心がついたころからいろいろなモノを作っていて、例えば最初に使ったコンピュータも (...)

面接に合格しました〜! サンフランシスコのWEBコンサル会社btraxでインターンシップとして10月から3ヶ月間働きます。がんばりま〜す!

シリコンバレーに行きたい。WEBの聖地 サンフランシスコ・シリコンバレーで勉強したい。 そう思うようになって、渡米を友人であり 尊敬するチャットワーク山本社長に 相談をしていました。すると 「どうせ行くならアメリカの会社で働いてみれば」と、 サンフランシスコにあるWEBコンサルティング会社である btraxの社長、ブランドンさんを紹介してもらいました。 スグに専用のチャットグループがチャットワークに作られました。 タイトルは「ペンシル覚田社長をbtraxブランドンさんに (...)

僕の原点シリコンバレー。来月から3ヶ月サンフランシスコに行ってきます!

来月からアメリカへ勉強しにいってきます。3ヶ月間です。 シリコンバレー・サンフランシスコです。 WEB・インターネット・マーケティング・コンサルティングの 本場である サンフランシスコ・シリコンバレーで勉強し、 そして吸収し 大きく生まれ変わった僕が次なる戦略を 立ててペンシルを導きたい。そう思い立ち、行ってきます。 シリコンバレーは僕の原点です。 ぜひ、長いブログを読んでみてください。 ──────────────────────────────────── ■ペンシ (...)

フェラーリ特急! italo(イタロ)新時代のイタリア高速鉄道 に乗ります!

おはよ〜覚田です。ローマです。快晴です。 今からフェラーリ特急! italo(イタロ) 新時代のイタリア高速鉄道に乗ります。 今回の新婚旅行はイタリアの旅がテーマですが、 前からヨーロッパの鉄道に乗ってみたいという夢が ありました。しかし、今回はツアーなのでそれが組み込めません。 添乗員さんにも相談したけど、どうすることも出来ませんでした。 そこで、フリータイムに行けないか調べてみると ローマからイタロで1時間で行けるところはナポリと いうことが解りました。 そこで、ナポリ (...)

本当の自分。過去と現在と未来の自分!Bon Voyage!

海外旅行に来ると本当の自分が解る。 嬉しい事。不満な事。楽しい事。嫌な事。 自分がどのような感じるのか? それが客観的に解る。 それによって素直に自分が見つめれる。 同じように「日本人」というのも 見つめれる。 世界に出る事で自分が「日本人」 だと言う事を再認識できる。 大切にしたいもの 大切にしていきたいもの 自分らしさ、日本人らしさを 感じ取れる。 そして、また世界が広い事、 考え方の広さ、サービスの広さ、 サービスとは、いったいなんなのか? 思い知らされる。 自分で (...)

このページの先頭へ